エリツィン杯2014 日本は2連勝で準決勝へ

スポンサードリンク

ロシアで行われているエリツィン杯。

全日本女子は、初戦のブルガリア、2戦目のカザフスタンを撃破。

準決勝に進出しました。

ブルガリア戦はかなりの大接戦だったみたいです。

先発は、大野果奈、木村沙織、中道瞳、長岡望悠、新鍋理沙、江畑幸子、リベロに佐野優子。

得点は30-28、28-30、25-17、27-25という壮絶なもの。

3セット目以降はセッターを宮下遥にチェンジしてセットを奪いました。

スポンサードリンク

カザフスタン戦はストレート勝ち。

先発は、山口舞、石井優希、宮下遥、石田瑞穂、内瀬戸真実、江畑幸子、リベロに筒井さやか。
大きく変更しています。

得点は25-20、25-22、26-24。

若く、長身セッターの宮下遥の活躍。

そして、メンバーをがらっと入れ替えても勝利したというこの2点。

すごくいい感じだと思いますね。

どんどん試していって欲しいですね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする