グラチャン2013 ブラジル戦

メダルの色を賭けて、ブラジルと最終戦を戦いました。

1セット目、最初、けっこうトスがネットに寄っていて、ブロックにかかったりしてました。

ただ、途中からトスも離すことができ、レシーブも上がり始めたので。。。
勝てるセットでした。

結果的に、ここを取らなかったことが。。。

石井は終盤、どんどん中道からのトスが上がっていました。
それだけ信頼されるアタッカーになった、ということです。
大きな成長ですよ。

2セット目、1セット目を取ったブラジルが、その勢いに乗って怒涛の攻撃。

サーブも乗っているし、レシーブやつなぎのプレーも粘い粘い。
1セット目を日本が取っていたら、こんなに勢いづかなかったのに。。。と思います。

ブロックでもかなりやられました。
スイングが遅くて、ブロックが完成してしまうダメパターンでしたね。。。

スポンサードリンク

3セット目、ブラジルの勢いを止められませんでした。

サーブレシーブが乱れる。
トスがネットに近い。
スイングが遅くてブロックにかかる。

という状況を切れず。。。

気になったのは喜び方。
ブラジルは満面の笑みで楽しそうにプレイしていましたけど、日本は決めてもおとなしく。
これでは勢いがつかないですねー。

さて、ということでブラジルとはこれだけの差があったということです。
今現在はこんな状況。

これを3年後までにどこまで縮めて逆転するか。
ここですね。

しかし、今大会、ロシア・タイ・ドミニカを破ったことは大きなプラスです。
リオオリンピックに向けて、明後日くらいからはどんどんやっていってほしいですね!

銅メダル獲得、おめでとうございました!!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする