リオオリンピック世界最終予選 女子 オランダ戦

リオオリンピック最終予選、最終戦のオランダ戦。

スポンサーリンク

なんとオランダに勝利!

有終の美を飾りました。

1セット目から、どうもふわふわしている感じ。

スタメンがいつものメンバーじゃないのもあったのかもしれないし、どうしても気が緩んでいたのかもしれない。

でも、勝つ気持ちがイタリア戦よりも少なかったような。。。

それでも、この編成でオランダに勝てたのは大きな収穫だと思いますね。

セッターの田代は、トスの質が宮下よりも良さそう。

高さとレシーブとサーブがいい宮下とはなかなかバランスがいいんじゃないですかね。

スポンサーリンク

リベロの丸山はそれほど目立った活躍がなかったものの、安定はしていたイメージ。

島村がここに来て爆発しました。

長岡は相変わらずの安定感。

この大会で一番安定してましたね。

終わってみれば、日本は3位で通過。

アジアの最上位という枠で出場が決まりました。

ただ、眞鍋監督も言っているとおり、この戦いっぷりではメダルは夢のまた夢。

オリンピック本番まではあと2か月くらい。

調整ではなく、実力を上げる練習をして、ぜひまたメダルを取って欲しい!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする