リオオリンピック世界最終予選 男子 カナダ戦

リオデジャネイロオリンピック世界最終予選、6戦目のカナダ。

のびのびプレイしてましたね。

オリンピック出場がかかっているカナダと、プレッシャーのない日本。

ちょっと違うんですね、たぶん。

全体的に思い切ったプレイができていた日本。

ただ、今後気になるのが関田。

セットアップもサーブもいいけど、いかんせん小さい。

177センチ。

上から抜かれまくりでした。

東福岡高校を卒業した金子がセッターとして大成すれば。。。

大型セッターとして期待できますね。

最終的には、カナダの高さ・パワーに負けてしまいましたが。。。

あとは、ベンチワーク。

選手交代やタイムアウト、チャレンジのタイミングや回数。

違和感がある。

なんだか違和感があるんですよ。

選手だけじゃない。

ベンチもしっかりしないと。

さて、最後のフランス戦。

どういう試合を見せてくれるでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする