リオオリンピック世界最終予選 男子 フランス戦

リオデジャネイロオリンピック最終予選、終わりました。

最終戦は、フランスがベストメンバーじゃなかったとは言え、3-0のストレート勝ち。

有終の美を飾ることができたように思います。

この試合ができていれば、オリンピック出場もかなったと思います。

割り切れたからこそできたプレイといえばそれまでですが。。。

この試合を最初からできる精神力・実力を付けないといけないんですよね。

セッターの関田は、本当に上手。

組み立て、散らせ方、いいねー。

本当に惜しいのは身長だ。。。

欲を言えば、もっと楽に勝てそうな気がしましたが。。。

実況にあったようにブロックの割り切り。

指示とベンチワーク。

もっともっといい戦略があったように思います。

男子バレーがこれ以上強くなるためには、国内リーグだけではダメ。

海外にどんどん出ないと。。。

実力はこれ以上アップしていかないんじゃないか。。。

このオリンピック最終予選で、アジア勢はイランが入っただけ。

やっぱりアジア男子はちょっとレベルが低いんですね。。。

その中でも勝てない日本。

もっと根本的な改革をしないとダメだと思うよー。

今までの続きじゃ未来は暗い。

逸材はいるだけに、どう実力を上げていくか。

東京オリンピックまではあと4年しかないので、もっともっとなんとかしてくれ!

お疲れ様でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする