ワールドカップ 2015 男子大会まとめ

ワールドカップ2015、男子大会のまとめをしてみます。

まず、正直な感想は、

思いの外、よくがんばった!

ということです。

予想外に良かった。

そう思います。

NEXT4のうち、3人が大活躍。

それに刺激されてか、清水や鈴木や出来田も活躍。

若い力が日本を押し上げたように思います。

ブレイクした柳田と石川。

後半、サーブで狙われてリズムを崩す場面もありましたし、サービスエースを取られる場面もありました。

でも、全体的に見れば、この2人がいたからこそ勝利を積み重ねることができた。

それは間違いない。

この2人がしっかり活躍することで、清水も余裕を持ってプレイすることができるようになりました。

なので、ここぞというときに決められた。

柳田・石川の隠れた功績です。

深津も良かったですね。

今までよりも速攻を多めに使ってました。

本音はもうちょっと使って欲しいですけど。

トスも安定していました。

スパイカーとしては、乱れたトスをどう処理するかというのが課題です。

特にネットに近いとき、真下にブロックされるシーンが多かったです。

もうちょっと何とかならないかな?と思います。

すごく難しいプレイですけど。

あとは、全体的にサーブ。

威力・正確性・ミス率、どれも改善する必要があります。

柳田・石川・清水のサーブはミスも仕方ないとは言っても、ハマると全然入らなくなる。

あれはいけない。

ジャンプフローターサーブもより威力をアップ。

そして、ミスをしないように鍛えないとね。

サーブが走ると、世界と互角に戦えることは証明済みです。

サーブ、しっかり磨いて欲しい!

はっきり言って、リオオリンピックは諦めてました。

でも、やりようによっては行けます!

ぜひ行って欲しい!!

しかし、バレー中継のときに、『ゲーリー・サトウ元監督が成績不振で解雇された』というのを何度も言っていました。

そんなに恨みがあるのか?

海外で監督経験があるわけではない。

しかも、自分では選んでいない借り物のチームを1年だけ見て、成績不振。

そんなの当たり前。

むしろ、それで成績を出すほうが難しい。

理解せずにアナウンサーが軽々しくそういう発言をしているのは許せない。

さぁ、今からリーグや大学を見て、メンバーを選ぼう、といった矢先の解雇劇だった。

あれはJOCが悪い。

だから、ゲーリー・サトウのことを悪く言うな。

そう思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする