ワールドカップ 2015 男子 イラン戦

ワールドカップ2015男子大会、8戦目のイラン。

スポンサーリンク

今までは地力が上だったイランです。

世界ランクもイランが上。

実況・解説は石川祐希を絶賛しています。

ただ、ここ数試合、笑顔がない。

最初の頃の試合では、決めたら若者らしい弾けた笑顔が出てました。

今は出ていない。

気になります。

疲れか、どこかに違和感があるのか。

何か違う。

どこかで1試合くらい休ませてもいいと思う。

1~2セット目はイランのブロックが日本のアタッカーに対応できていなかったせいか、ブロックポイントが少なかった。

なので、あれだけサーブミスしてもなんとか勝てていました。

しかし、3セット目以降、イランのブロックが対応してくると、カバーのできないシャットアウトが増えてきました。

スポンサーリンク

これです。

強豪相手に1セット目は取れても、それ以降が厳しくなるのもそういうことなんですよね。

対応してくるブロックにどう対応していくか。

ここ。

イランの攻撃は速くて高いですね。

上背があるので、最高到達点に達する時間が短い。

1秒を切る戦いでは有利。

ジャンプ力も必要ないので、スタミナも温存できるし。

最後に、川合俊一がいいこと?正しいこと?言ってました。

『ずっとイランに勝てていないから、勝ち方が分かっていない』

確かに。

今までは低迷していて、勝ち方とか、勝てる!という気持ちから遠ざかっているかもしれません。

このワールドカップで勝ちを思い出すきっかけになれば。。。

石川祐希は2日間、しっかり休んで欲しい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする