ワールドカップ 2015 男子 エジプト戦

ワールドカップ2015、男子大会始まりましたね。

スポンサーリンク

初戦のエジプト戦になんとか勝利しました!

格上相手によくがんばったと思いますね。

試合全体の印象は、『世界の男子バレーのレベルが上がっている』ということです。

以前よりも長身の選手が増えてます。

長身というだけではなくて、パワーがあって器用さもある選手が増えていると感じます。

そこで、負けたセットはサーブにボコボコにやられています。

速いだけじゃなくて、速くてコースがエグい。

エジプトはそんなサーブを打ててたけど、日本はまだコースを狙えないのか、ノータッチエースが少なかったですね。

ここは、早急に改善する必要がありそうです。

石川祐希の活躍っぷりは、まぁ誰にでも明らかなので置いておくとして。

清水です。

スポンサーリンク

清水は以前と比べて、ブロックにシャットアウトされることが少なかったです。

テレビ番組で、無回転スパイクを練習していると言ってました。

それが成果になってきたのかもしれません。

成長してますね。

深津のトスも良かったです。

低くて速いけど、正確。

速攻が多かったのも良かった。

サイドに逃げずに、どんどん使って行って欲しい。

というわけで、アメリカ戦。

これまた厳しい戦いですが、大会前よりも楽しみになってきました。

しかし、女子とは別のスポーツを見ているような感じに激しいですね。

中継で石川祐希が全日本デビューだなんだと言ってましたけど、既に合流してがっつりやっているんですよね。

この試合が本当のデビュー戦のように仕立てあげて、興奮を煽らないといけないのか?

甚だ疑問です。。。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする