ワールドグランプリ2013 アメリカ戦

フルセットでの敗北。
残念でした。。。

2セット目以降、速攻がかなり減ったような気がします。
乱れたときにタテのBクイックとか使わないんですかね?

連続失点が多いな。
そして失点しているときのコート内の雰囲気が。。。おとなしいなぁ。という印象です。

サーブレシーブはもっともっと特に上達させないと行けない技術だと思います。
サーブレシーブが乱れると、身長で負ける日本はどうしようもありません。

常に先行していないとサーブを強気で打たれるから、リードさせないことってほんと大事です。

石井優希、ばんばん使われてますね。
そんなにサーブがいいんですね。
これほど使われるピンチサーバーも珍しい。

座安は強打レシーブ、安定しています。
これから佐藤あり紗と切磋琢磨して、無敵のレシーブ陣を作って欲しい。

スポンサードリンク

2段トスもいい。
今まで日本にはなかったパターンですから、こういうテクニックも磨いてほしい。
イタリア戦ではアンダートス速攻も使ってましたし。

監督も、この大会はまだまだ我慢している感じがありました。

渋い表情を浮かべつつも、色々試したり、選手に任せたり。
試行錯誤中でしょう。

今後はしっかり個人個人のスキルを磨いて。
その上でチームプレイにつなげて欲しいです。

やっぱり個人のスキルありきですからね。

でも、次の大会を楽しみにさせてくれる今回のワールドグランプリでした。

【ファイナルラウンド最終順位】

優勝 ブラジル 5勝0敗(勝点15)
2位 中国   4勝1敗(勝点10)
3位 セルビア 3勝2敗(勝点8)
4位 日本     1勝4敗(勝点5)
5位 イタリア 1勝4敗(勝点4)
6位 アメリカ 1勝4敗(勝点3)

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする