ワールドグランプリ2013 イタリア戦

初戦のイタリア戦は圧勝で終わることができました。
おめでとうございます!

素晴らしい試合でした。

特に木村沙織の気迫がすごかったです。
トルコに行ったからか、それともキャプテンになったからか。

サーブもスパイクもテクニックはそのままにパワーが付いてました。
いや、ほんと、驚きました。

江畑幸子はなかなか厳しい戦いだったですね。

やっぱりトスが合ってませんでした。
まぁ、ここは仕方ないところです。

しっかりカバーしてあげて欲しいところです。

大竹里歩は速攻が早いですね。
まさに速攻。

良かったと思いますね。
これからはもっともっとマークされるようになりますから、そこからがまた新しい勝負です。

宮下遥はMIPに選ばれていました。

今まで散々言われてきた、速攻が少ないというところを意識して使えていました。
ボールを取る位置が高いので、速攻が早くなっています。

やっぱりトスにばらつきがあって、特に江畑幸子は打ちにくそうでした。
そこはこれからの課題でしょう。

座安琴希もやっぱり良かったですね。
日本のリベロは本当にレベルが高い。

そして、トスがいいです。
攻撃的な二段トスが上げられていました。
攻撃の幅が広がりますね。

明日もしっかりとサーブを攻めて、いい戦いをして欲しいです。

あくまで温かい目で見守っていくことに変わりはありません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする