ワールドリーグ2015 全日本男子はチェコに1勝1敗

ワールドリーグ2015が始まりました。

全日本男子は、チェコと対戦して、1勝1敗。

初戦の先発は、

石川祐希(中央大学2年)、深津英臣(パナソニック)、鈴木寛史(サントリー)、栗山雅史(サントリー)、清水邦広(パナソニック)、山内晶大(愛知学院大年)、リベロに酒井大祐(JT)

石川祐希は初戦から大爆発したみたいです。

大学2年になったばかりなのに。。。
というよりも、さっさとVプレミアリーグに入っていればなぁ、と思った次第。

スポンサードリンク

結果は3-1の逆転勝利。
1セット目を奪われてから3セット連取したようです。

2戦目の先発も初戦と同じ。

結果は2-3で逆転負け。
しかも2セット先取してからの逆転負け。

これはいけない。

石川祐希はチームトップの得点を上げながらも、ディフェンスでミスしたようで反省してたとか。

勝てる試合をしっかり勝っていかないと。
リオデジャネイロオリンピックへの道は遠いですよー。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする