世界ジュニア女子選手権大会 決勝進出!

ベスト8まで進んでいた日本ジュニアチーム。

準々決勝ではトルコと対戦。
西舞鶴高校の井上愛里沙が両チーム最多得点を挙げて、見事に勝利。
3-0(25-19、25-23、25-21)

準決勝はイタリアを3-1(25-19、25-15、21-25、25-17)で撃破!
1985年の第3回大会以来14大会28年ぶり、2度目の決勝進出を果たしました。

スポンサードリンク

イタリアは前回優勝チーム。
この2戦は日本の大きな武器、ディグがかなり調子良かったみたいです。
日本の生命線はやっぱりサーブキャッチとディグですからね。
ここが調子良ければかなり行けます。

決勝は中国。
初優勝目指してがんばれ!!

スポンサードリンク