世界ユース女子選手権 日本はブラジルに敗れ5位決定戦へ

B組首位で進出した日本。

二次予選の初戦はエジブトでした。

エジプトには予想通り圧勝。
3-0(25-11、25-7、25-16)で、次のブラジル戦へ最高のスタートをきることができました。

そして、迎えたブラジル戦。

結果から言うと、まさかの0-3(23-25、22-25、22-25)での敗北です。
点差を見ても分かるように、かなり接戦で、あと数点が取れるかどうか。

そういうところで実力差が見えた試合でした。

強豪というのは、最後の数点の取り方をよく知っています。
日本も実力は本当に上位に来ています。

あとは、この勝負どころの締め方。
ここを実践を通して学んでいくというのが大きな課題として出たような気がします。

スポンサードリンク

ブラジルに負けてベスト4入りを逃した日本は、5位~8位決定戦へ。

そこでは予選で勝利したポーランドとの賽銭に臨みました。

そして結果は見事勝利!
3-0(30-28、25-23、26-24)で、この得点差。

ブラジルにやられた試合をやり返したような試合となりました。

ここが今の日本とポーランドとの差、そして、日本とブラジルとの差なんでしょうね。

次勝てば5位が確定します。

相手はセルビア。
なかなかの強豪国ですが、ぜひ勝って5位を獲得して欲しいと思います!

しかし、女子はシニアも強いし、ユースも期待できそうです。
油断せずにやっていけば、リオオリンピックも期待できますね!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする