春高バレー2014 男子優勝は星城

星城vs鹿児島商業で行われた決勝。星城が圧倒しました。

1セット目、星城は高い上に、拾うという本来の力を序盤から発揮。点数以上に星城が調子よく進めたような気がします。

石川だけじゃないというのが、また面倒ですよね。

2セット目、前のセットの勢いそのままに良いスタート。

本当に攻撃力もある上に、守備力も高いチーム。死角ってどこなんですかね?

こうなったからこそなおさら、雄物川の201センチの鈴木と戦っている姿を見たかったですね。星城の守備vs201センチ。おもしろかっただろうなぁ。

スポンサードリンク

3セット目、星城のスパイクで気づいたのは、全員が長く打っていること。落とせば小さいブロックにもかかりやすいですが、長く打つので取る方も取りにくいです。

相手のほうが小さいので、つい下に打ち付けてしまいそうですが、徹底しているのがすばらしいです。

しかし、ほんとに奇跡のチームでしたね。史上初の2年連続3冠、おめでとう!!

今後、Vリーグに進むのはリベロの川口だけみたいですね。野球だと高校→プロというのは当たり前となっているけど、バレーは違います。

ここも日本のバレーレベルを表しているのかもしれません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする