Vプレミアリーグ女子 2016~2017 最終順位と個人賞

Vプレミアリーグ女子の全日程が終了しました。

最終順位

1位: NECレッドロケッツ(勝点43、15勝6敗)
2位: 久光製薬スプリングス(勝点43、14勝7敗、セット率=1.73)
3位: 日立リヴァーレ(勝点43、14勝7敗、セット率=1.59)
4位: JTマーヴェラス(勝点39、13勝8敗)
5位: トヨタ車体クインシーズ(勝点30、10勝11敗)
6位: 東レアローズ(勝点28、10勝11敗)
7位: 岡山シーガルズ(勝点15、5勝16敗)
8位: PFUブルーキャッツ(勝点11、3勝18敗)

個人賞
◆得点王(最多得点)
ポリーナ・ラヒモワ選手(トヨタ車体クインシーズ)
◆スパイク賞(アタック決定率)
カーリー・ウォーパット選手(東レアローズ)
◆ブロック賞(セット当たりブロック決定本数)
荒木絵里香選手(トヨタ車体クインシーズ)
◆サーブ賞(サーブ効果率)
ポリーナ・ラヒモワ選手(トヨタ車体クインシーズ)
◆サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)
佐藤あり紗選手(日立リヴァーレ)

Vファイナルステージは2月12日開幕。

上位6チームでファイナル6、ファイナル6の2位と3位によるファイナル3、そして、ファイナル3の勝者とファイナル6の1位によるファイナルが開催されます。

下位2チームはVチャレンジマッチでVチャレンジリーグの上位2チームと入れ替え戦となります。