Vプレミアリーグ男子 2016~2017 最終順位と個人賞

スポンサードリンク

Vプレミアリーグ男子の全日程が終了しました。

1位: 豊田合成トレフェルサ(勝点44、15勝6敗、セット率=1.923)
2位: 東レアローズ(勝点44、15勝6敗、セット率=1.724)
3位: パナソニックパンサーズ(勝点42、14勝7敗)
4位: サントリーサンバーズ(勝点39、13勝8敗)
5位: ジェイテクトSTINGS(勝点29、9勝12敗)
6位: 堺ブレイザーズ(勝点24、8勝13敗)
7位: JTサンダーズ(勝点23、7勝14敗)
8位: FC東京(勝点7、3勝18敗)

スポンサードリンク

個人賞
◆得点王(最多得点)
イゴール・オムルチェン選手(豊田合成トレフェルサ)
◆スパイク賞(アタック決定率)
栗山英之選手(FC東京)
◆ブロック賞(セット当たりブロック決定本数)
富松崇彰選手(東レアローズ)
◆サーブ賞(サーブ効果率)
マテイ・カジースキ選手(ジェイテクトSTINGS)
◆サーブレシーブ賞(サーブレシーブ成功率)
古賀幸一郎選手(豊田合成トレフェルサ)

上位6チームでファイナル6、ファイナル6の2位と3位によるファイナル3、そして、ファイナル3の勝者とファイナル6の1位によるファイナルが開催されます。

下位2チームはVチャレンジマッチでVチャレンジリーグの上位2チームと入れ替え戦となります(3月11日12日)。

スポンサードリンク