世界U-23男子選手権大会で、新ルールが試行実施!

スポンサードリンク

世界U-23男子選手権大会で新ルールが試行実施されています。

1.1セット15点制

1セットが15点になっています。

デュースの場合は、2点差付くまで。

テクニカルタイムアウトなし。

タイムアウトは2回まで。

2.7セットマッチ制

1セットが15点になった代わりに、7セットマッチになっています。

今までは3-0で勝っても75点取らないといけなかったのが、4-0で勝つと60点ですむようになります。

試合時間短縮に効果がある、かと思いきや、セット間の移動とかあるし微妙なんじゃないだろうか?と思います。

3.サーブはコートの外から打って、コートの外に着地すること

スポンサードリンク

サーブはコートの外から打って、コートの外に着地しないといけません。

今はジャンプサーブを打つときに、エンドラインギリギリで踏み切ってコート内に着地するスタイルが基本です。

でも、今回のルールではそれがNG。

エンドラインを越えて、コート内に着地してはいけません。

なので、サーブが遠くなり、強力なサーブの威力が減ります。

主な変更点はこの3つ。

けっこうな大きなルール変更です。

なんとなくですが、これはおためしだけで終わりそうな気が。。。

サーブレシーブがしやすくなるので、日本にとってはいい方に動くと思うんですが。

ルール改正ってなかなか難しいですね。。。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする