グラチャンバレー2017男子 アメリカ戦の感想

スポンサードリンク

グラチャンバレー2017は男子が開幕しました。

初戦のアメリカ戦。

がっつり、力の差を見せられた試合でした。

日本はポイントのサーブレシーブが乱されまくり。

アメリカの強いサーブに完全に翻弄されました。

逆に、アメリカは少々サーブレシーブが大きくても、高いセッターがらくらくと上げてしまう。

そして強打が飛んでくる。

そんな展開でした。

うーん、点差以上に実力差を感じた1試合となってしまいました。

セッターは深津よりも藤井。

スポンサードリンク

今はそんな感じです。

速攻も効果的に使えているし、ここ何か月もの好調を維持できている感じがします。

あとはちょっとそれぞれのメンバーの成長が停滞期かも。

これまでワールドリーグとか、アジア大会を通じて、大きく成長した感じがします。

その分、今はちょっと停滞期?かも。

特に大竹は成長度が低いと感じました。

さて、あと4試合。

アメリカ以外もイタリアやフランス、イランとブラジル。

強豪だらけです。

その中で、どこまでやれるか。

注目しましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする