春高バレー2018は男子が鎮西、女子は金蘭会の優勝!

スポンサードリンク

春の高校バレー2018が終わりました。

男子は鎮西、女子は金蘭会が優勝です!

男子決勝は鎮西VS洛南。

両チーム、序盤の硬さがすごく気になりました。

どちらもあまり元気なく、淡々と進んでいきましたが。

先にペースを握ったのが鎮西。

鎮西は硬さはあったものの、しっかり走り回り、声を出し、自分たちを取り戻そうとしていました。

洛南よりも先にいつもの自分たちに戻ったような気がします。

第3セットを見る限り、地力はほとんど変わらなかったはず。

先にペースを握れたかどうか。

これが大きな分かれ道になりました。

洛南は2年生がメインということで、来年はさらに強くなってくれるでしょう!

期待しましょう!

しかし、鎮西は体育館がないとか。

練習できない日もあったことでしょう。

スポンサードリンク

そんな中でインターハイとあわせて優勝。

いやはや。

何も言い訳にできないな、と感じさせてもらいました。

女子決勝は金蘭会VS東九州龍谷。

6人がU-18代表という金蘭会が、地力で勝っていたように感じます。

東九州龍谷はU-18?U-20?代表のエース、中川を擁していました。

そして、ライトから攻撃する2人は早い平行トスをビシバシと決めていました。

ただ、総合力は金蘭会が上。

みんなすごいのに、それを感じさせないレベルの高さ。

誰かだけがすごいのではない、という強さを見せつけられました。

金蘭会は1~2年生がメインです。

来年も盤石か?

さらに強くなった金蘭会を見てみたいです。

今年の春の高校バレーも楽しませてもらいました!

鎮西、金蘭会、本当におめでとうございます!

スポンサードリンク