Vプレミアリーグ2017~2018 レギュラーラウンド終了

スポンサードリンク

Vプレミアリーグ2017~2018 レギュラーラウンドが終了しました。

【V・レギュラーラウンド男子結果】

1位 パナソニックパンサーズ(52ポイント/18勝3敗)
2位 豊田合成トレフェルサ(41ポイント/15勝6敗)
3位 東レアローズ(38ポイント/14勝7敗)
4位 JTサンダーズ(37ポイント/12勝9敗)
5位 サントリーサンバーズ(28ポイント/8勝13敗)
6位 ジェイテクトSTINGS(25ポイント/8勝13敗)
<以上6チームがV・ファイナルステージ進出>

7位 堺ブレイザーズ(23ポイント/7勝14敗)
8位 FC東京(8ポイント/2勝19敗)

【V・レギュラーラウンド女子結果】

1位 久光製薬スプリングス(61ポイント/21勝0敗)
2位 JTマーヴェラス(40ポイント/13勝8敗)
3位 トヨタ車体クインシーズ(32ポイント/11勝10敗/セット率1.025)
4位 デンソーエアリービーズ(32ポイント/11勝10敗/セット率1.024)
5位 NECレッドロケッツ(26ポイント/8勝13敗)
6位 東レアローズ(24ポイント/8勝13敗)
<以上6チームがV・ファイナルステージ進出>

7位 上尾メディックス(22ポイント/7勝14敗)
8位 日立リヴァーレ(15ポイント/5勝16敗)

個人賞

【男子】

スポンサードリンク

・得点王(最多得点) エドガー,トーマス JTサンダーズ 645点 初受賞
・スパイク賞
(アタック決定率) 栗山 英之 FC東京 58.9% 2年連続2回目
・ブロック賞
(セット当たりブロック決定本数) 白澤 健児 パナソニックパンサーズ 0.76本 初受賞
・サーブ賞
(サーブ効果率) カジースキ,マテイ ジェイテクトSTINGS 16.1% 2年連続2回目
・サーブレシーブ賞
(サーブレシーブ成功率) 古賀 幸一郎 豊田合成トレフェルサ 70.4% 3年連続5回目

【女子】

・得点王(最多得点) ネリマン,ゲンシュレック トヨタ車体クインシーズ 580点 初受賞
・スパイク賞
(アタック決定率) アキンラデウォ,フォルケ 久光製薬スプリングス 60.3% 初受賞
・ブロック賞
(セット当たりブロック決定本数) 荒木 絵里香 トヨタ車体クインシーズ 0.85本 4年連続7回目
・サーブ賞
(サーブ効果率) 金杉 由香 JTマーヴェラス 17.4% 初受賞
・サーブレシーブ賞
(サーブレシーブ成功率) 新鍋 理沙 久光製薬スプリングス 63.0% 2年ぶり4回目

女子の個人性がなかなかおもしろいですね。

相変わらず荒木のブロックがすごすぎる(笑)

そして、サーブレシーブ賞は新鍋。

リベロじゃない新鍋がサーブレシーブ賞というのが、興味深いですね。

V・ファイナルステージ ファイナル6は、男女ともに2月10日(土)から開催。

ちなみに、久光製薬はV・レギュラーラウンドを21戦21勝。

前シーズンからの連勝を25に伸ばして、歴代2位タイとなったようです。

すげー!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする