Vプレミアリーグ2017~2018 決着!!

スポンサードリンク

Vプレミアリーグ2017~18シーズンに決着!

男子は、パナソニックパンサーズ。

女子は、久光製薬スプリングスの優勝で幕を閉じました。

先に優勝を決めたのは久光製薬スプリングス。

ファイナル6でストレート負けを喫したJT相手に、2試合とも3-0で完勝。

終始JTを圧倒して、レギュラーラウンド無敗の実力を見せつけました。

ただ、JTマーヴェラスはプレミアリーグ復帰後のシーズンで2位。

十分過ぎる結果を残しました。

来年はまた、かき回してくれますかね!

そして男子。

パナソニックパンサーズと豊田合成トレフェルサ。

両チームとも、主砲をケガで失った試合でした。

1試合目は、パナソニックパンサーズが3-0。

2試合目は、パナソニックパンサーズが3-2で競り勝ちました。

豊田合成トレフェルサは1試合目の完敗をばっちり修正してきました。

スポンサードリンク

1セット目を先取。

その修正された豊田合成トレフェルサに対し、1セット目の対応を修正したパナソニックパンサーズ。

トップクラスの戦いになると、どちらもゴリ押しではなく、修正能力がとても要求される、という見本のような試合でした。

ただ、最終的にはパナソニックパンサーズの層の厚さが出た感じです。

豊田合成トレフェルサよりも、メンバーチェンジがうまく機能していた感じがありました。

しかし、パナソニックパンサーズのクビアク。

万能っぷりが半端じゃないですね。

打ってよし、守ってよし。

深津がいないときは、急遽セッターもつとめあげるという。

いやぁ、ほんとにすごいわ。

ということで、パナソニックパンサーズ、久光製薬スプリングス。

おめでとうございます!!

楽しい試合をありがとうございました!!

スポンサードリンク