ネーションズリーグ2018男子オーストラリア戦の感想

ネーションズリーグ2018、男子オーストラリア戦の感想です。

オーストラリアはエドガーが不在。

Vプレミアリーグでケガをして、治療中でしょうか?

それでも、14人中7人が2m以上という、ものすごくチームでした。

しかし、日本は一蹴!

これはなかなか価値のある戦いだったと思います。

目立ったのは、高卒ルーキーの西田。

思い切りのいいプレイで得点を量産しました。

そして、最年長の福澤。

以前ほどのパワーはなさそうですが、しっかり決めきる。

高さも、決してないわけではない。

いい感じに熟成してきている感がありますね。

センターからの攻撃も決まっていたし、ブロックも決まっていたし。

すべてがいいように回りました。

オーストラリアはアジア内のチームですから、とにかく戦うことが多い。

1回1回確実に勝利を収めていくことが大事です。

苦手意識を植え付けておくと、試合ごとに有利になっていきますからね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする