世界バレー女子2018 イタリア戦 感想

スポンサードリンク

女子世界バレー2018、3次ラウンドの2戦目。

これを落とすと自動的に5位6位決定戦に回る大事な試合。

そんな試合の相手がイタリアとは。。。

1セット目。

今回、アタッカー3人ではなく、新鍋を入れてきました。

日本はこのスタイルのほうが安定しますね。

なんだかんだ言っても、生命線はサーブとサーブレシーブ。

サーブレシーブを不安定にしてまで、攻撃枚数を増やしても仕方ない感じと思います。

内容的には、昨日の敗戦を引きずってはいない。

そんな感じがします。

特に荒木。

ベテランらしく、自分に気合いを入れながら、年下のプレイヤーを鼓舞して引っ張っていく。

そんな雰囲気がありましたね。

しかししかし。

ちょっとなぁ、やっぱりイタリア強い。

イタリアが強いというのもあるけど、日本のサーブが弱い。

あまり崩せていないし、サービスエースも少なかったですね。

大会序盤はもっともっといいサーブが打てていたのに。

疲れもあるのかなぁ。

2セット目。

サーブがいい。

良くなりましたね。

かなり崩して、それからのスパイクレシーブ。

スーパーレシーブを連発して、序盤リード!

イタリアの焦りを誘ったか、かなりイタリアのミスが増えています。

サーブも弱くなって、しっかりサーブレシーブが返球できて、自由に攻撃できるとやっぱり日本でも強い。

日本が16点を取ってから連続失点。

ここで課題のベンチワーク。

早めでしたね。

あと1点早くても良かったかもしれない。

今までならもう少し待っていたと思う。

早めの対処がいい感じです。

イタリアのブロックは高いですね。

ちょっとトスが近づくと、もうカバーできないほどのブロックが襲いかかってきます。

おそるべし。

先行することの大切さが分かりますね。

イタリアと言えども、先行されると弱いところが見えます。

サーブ!先行!

大事だ。

3セット目。

2セット目を取って、「行ける」という雰囲気がありますね。

強気に攻めることができています。

が、強力なブロックに阻まれて連続失点。

ブロックは勢いを付けますね、ほんとに。

先行されると辛い。

ちょっとトスが合わなくなってきている雰囲気。

こういうときにセッターを代えないのは、どうしてだろう?

スポンサードリンク

冨永はほぼワンポイントセッターみたいになってるんですよね。

ここまで使わない理由は?

分かんないなぁ。

このセットはイタリアに先行されて、強いサーブが打ち切れない。

そのせいもあり、最後はわずかに押し切られてしまいました。

4セット目。

いきなり3失点。

これはキツい。

が、古賀が狙いに行ってのミスなので、ちょっと責められないかなぁ。

でもでも、その後6連続ポイント!

ビックリだ!(笑)

そして、そのまま16点のテクニカルタイムアウトを迎えるという。

流れをガッチリと掴んでいるうちに、ぐりぐりと攻め立てています

この流れを手放さないようにしないと。

いい流れで行っているんだけど、終盤。

イタリアが追いかけてきますね。

ここの締め方!

ちょっと緩めると、軽く逆転されますからね。

勝ち急がず、ばっちり締めないと!

なんと、イタリアから2セット取りました!

勝負の第5セット!

5セット目。

序盤、点数は同じくらいでも、勢いは日本。

この勢いを点数に繋げられるか!というところ!

シッラはかなりいらついていて、不安定になってますね。

いらいらは伝染したのか、他のプレイヤーもなんかダメな雰囲気をかもし出しています。

序盤のチャンス。

日本リードでチェンジコートを迎えました。

一気に行きたい!

ここ2セットくらい、ライト攻撃がよく決まりますね。

ライトのストレート。

本来はリベロがいるので守りが固いはずなんですけど。

不思議と決まるライトのストレート。

で、エゴヌ。

やっぱり強いなぁ。

本気だ。

高いわー。

先行されてサーブが弱くなっている。

15点なので、入れないといけない。

でも入れていくだけでは絶対に勝てない。

いいサーブを入れないと!

いい感じに進めた5セット目でしたが、もう少し何かが足りなかった。

もう少しだったけど。。。

この試合が、前日にできていれば。。。

セルビアには十分勝てたでしょう。

波がありますね。

気持ちをセルビア戦で乗せておけばなぁ。。。

残念!!

古賀が相変わらず良かったですね。

大会最初からずーっと好調を維持。

そして成長している。

今大会一番の好材料じゃないですかね!

スポンサードリンク