春高バレー2019 準決勝・決勝の結果と感想

スポンサードリンク

春の高校バレー2019が終わりました。

今年も激戦でした。

ほんと、激戦続き。

いい試合がいっぱいでしたね。

ということで。

男子は洛南!女子は金蘭会!

おめでとうございます!!

楽しい試合をありがとう!!

男子

準決勝

残念ながらテレビ中継がありませんでした。

結果は

清風3-0鎮西
洛南3-0市立尼崎

となりました。

二連覇を狙った鎮西は清風に敗北。

2年生が中心ということらしいので、来年に期待。

二冠を狙う洛南と市立尼崎は洛南の勝利。

インターハイで市立尼崎に負けて以来、負け無しとのこと。

決勝

洛南3-0清風

決勝は洛南の圧勝でした。

プレイのすべての面で格上な感じがしました。

洛南のリベロは執拗に清風からのサーブを受けましたが、最後まで崩れず。

堅い守備と、両エースの活躍が目立ちました。

一方で清風はエース西川の高さがあまり生かせていなかった感じがしました。

速攻もバックアタックももう少しトスの高さを上げてやれば。。。

もっと決まったように思います。

しかし、清風のリベロは良かったですね。

レシーブでは洛南のエース大塚のスパイクを拾ってましたしね。

そして、トスが良かった。

二段トスをいい感じに上げてましたね。

あれはみんな見習わないと。

女子

準決勝

東九州龍谷3-2下北沢成徳

三冠を狙った下北沢成徳はフルセットの末、敗北。

どっちが勝っても勝因や敗因があまり見当たらない試合でした。

どちらも力を出し切った感じです。

しかし、1つポイントを挙げるとすれば。。。最終セットの下北沢成徳の3本のサーブミス。

15点マッチの試合で3本のサーブミスは痛すぎました。

スポンサードリンク

金蘭会3-0八王子実践

これまたほとんどテレビ放送はなし。

とにかく金蘭会がインターハイ、国体2位の実力を見せつけた感じです。

準決勝で3-0はすごいな。

決勝

金蘭会3-2東九州龍谷

激戦でした。

どちらも持ち味を十分に発揮してましたね。

どっちのチームもエース以外のアタッカーがよく決めていました。

やっぱりまんべんなく決められるというのは大きい。

驚いたのは東九州龍谷の1年製の室岡。

162cmで最高到達点が297cmだって。。。

マジか。。。

おそらく90cm以上ジャンプしていますね。

これはすごい。

そのジャンプ力を生かして、かなり決めまくってましたね。

すごいわ。

金蘭会は伝統なのか、セッターは今回もかなり背が低かったです。

セッターのブロックがないというデメリットをカバーして勝利する。

金蘭会のアタッカー陣のレベルの高さを痛感しました。

最終セットに大きなポイントがあったと考えています。

東九州龍谷は3本連続ライトの合屋で勝負しました。

しかし、合屋の目の前には金蘭会のエースで2017アジアユース選手権(U-18)MVPの西川。

ばっちりブロックされて、3-0になってしまいました。

この点差が最後まで響いた印象があります。

ということで、2019年も春の高校バレーが終わりました。

波乱あり、名勝負あり。

おもしろかったわー。

ここで見つかった逸材を、大人たちがどう育てていくのか。

これが大きな課題です。

育て方次第で、もっと世界に近づける可能性は秘めていると思います。

育成を担当する大人たちにはもっとがんばってほしいなぁ。

洛南高校、金蘭会高校、本当におめでとう!!

スポンサードリンク