Vリーグファイナル 女子第1戦の結果と感想

スポンサードリンク

Vリーグファイナル2018-19シーズン。

女子第1戦が4月6日(土)に行われました。

久光製薬スプリングスvs東レアローズ!

結果は久光製薬スプリングスが3-0で圧倒しました。

とにかく久光製薬スプリングスの良さが目立ちまくった試合でした。

1セット目~3セット目の途中まで、東レに一度もリード許さないという完全勝利。

特に2セット目はいきなり7-0までリードを広げました。

久光製薬スプリングスというと、序盤はリードをされて、その後エンジンがかかるイメージ。

なのに、序盤から走られれば。。。

そりゃ、勝てない。

うん。

特に良かったのは攻撃というより、守備。

東レのヤナクランのスパイクをどんどんレシーブします。

エースの一角を完全に封じることに成功しました。

データ分析したとしてもそのとおりに動いてプレイできる久光製薬の選手は、やっぱりレベルが高い。

うん。

サーブも強く、サーブで崩して二段トスをエースに集めさせて拾う。

またはブロックする。

おもしろいようにこの作戦がハマりました。

作戦通りにプレイできる選手がすごい。。。

スポンサードリンク

=====

東レにも収穫がありました。

1つは黒後。

今までは、サーブレシーブで崩されるとそのままスパイクも崩れることが多かったです。

でも、この試合ではサーブレシーブが崩されたものの、スパイクに引きずることがありませんでした。

大きな成長を見ることができました。

もう1つは石川真佑。

3セット目はスタメンで登場。

安定したサーブレシーブから、キレの良いスパイクをどんどん決めていきました。

研究が進んでおらず、データが少ないというメリットはあったでしょう。

ただ、それでもあれだけ決めるのは難しいことです。

スペックの高さを改めて思い知らされました。

全日本メンバーにも選ばれていますし、楽しみですね。

=====

さて、第2戦は一週間後。

4月13日(土)です。

若い東レが巻き返すのか。

王者久光製薬がまた圧倒するのか。

見逃せませんね。

ちなみに、第2戦で東レが勝った場合、ゴールデンセットでの決着となります。

ファイナル3ではゴールデンセットを制して勝ち上がった東レ。

どうなるか、本当に楽しみです!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする