Vリーグファイナル 男子第1戦の結果と感想

スポンサードリンク

Vリーグファイナル2018-19シーズン。

男子第1戦が4月7日(日)に行われました。

パナソニックパンサーズvsJTサンダーズ!

結果はパナソニックが3-2で逆転勝利しました。

1セット目からペースはJTが握ります。

大竹・クビアクがいまいち調子が上がらず、JTがブロック連発。

しかし、終盤の勝負どころでクビアクが復調。

一気にリードを広げて勝ったものの。。。

勢いはJT。

2セット目はパナソニックに何もさせずに勝利。

特にブロックが好調で、完全にパナソニックの攻撃を封じました。

3セット目もJTペース。

途中からパナソニックが速攻を使い始めてペースを掴むかに思えました。

が、ここで我が家の録画は終了。。。

残念すぎます。

結果、3セット目もJTが勝利。

パナソニックは1-2と追い込まれます。

スポンサードリンク

4セット目は大激戦。

ジュースを繰り返し、33-31でパナソニック。

終盤、JTにはミスが出て、パナソニックの勝利につながったとのこと。

そして最終セットも激戦!

パナソニックが勢いを取り戻したのか16-14で制しました。

結果的にパナソニックが取りました。

しかし、JTの強さが目立ちました。

エドガー、劉が強いのは分かっていたことですが、センターもかなり機能していました。

何よりブロック。

パナソニックの攻撃を完全に封じてましたからね。

かなり戦略を練ってこの戦いに挑んだのでしょう。

それでも跳ね返すパナソニック。

やっぱり強いなぁ。

序盤、あれだけ調子が上がらなかったのに。

勝ち方を知っている、ということか。

次回は4月14日(日)。

もしJTが勝てば、ゴールデンセットでの戦いとなります。

スポンサードリンク