ネーションズリーグ2019 女子 第3週目の感想

ネーションズリーグ2019女子大会。

スポンサーリンク

★ネーションズリーグ2019チケット★
icon

第3週目の感想です。

今までの6戦の結果、4勝2敗。

トルコラウンドでは3連勝して、香港に乗り込みました。

中国

日本0-3中国

力負けです。

1セット目も2セット目も競り合ったものの、そこで落としました。

得点を見れば接戦ですが、中国はいろいろ試してた感じがあります。

あえて大エースのシュテイに上げず、他のアタッカーにトスをバラしまくりました。

それでも押し切られています。

やはりこの試合を見ても、日本の生命線はサーブとサーブレシーブ。

サーブレシーブが崩れたら、中国には一気に走られます。

逆にいいサーブが入れば、中国にもリードできる。

よく「狙ったサーブだからミスも仕方ない」というコメントを聞きます。

でも、日本に限っては狙ったサーブだからミスは仕方ない、ではダメですね。

上位国を倒すためには、「いいサーブを、きっちり入れる」ことが必要。

そのあたりは、テレビの解説でも触れてほしいなぁ。

イタリア

日本0-3イタリア

中国に続いて力負けの感があります。

イタリアの高いブロックとスパイクに対抗できませんでしたね。

特にブロックが強烈でした。

駆け引きが上手。

体はストレート側を締めながらも、手はクロスに残して、日本をブロック。

スポンサーリンク

1セット5本以上もブロックされていたら勝てません。

攻撃が良かったのはまぁ納得できましたが、ブロックが本当にすごかった。

この大会で、まだ1敗しかしていない理由がよく分かりました。

日本としても修正点はたくさんありますが。。。

ずーっと気になっているのが、チャンスボールの返し方。

チャンスボールを返すときにもっといやらしく、チャンスボールにならないようにしないと。

今は簡単に返しているように見えます。

いやらしいところを狙って打つとか、高く返してブロックの準備時間を稼ぐとか。

いろいろあると思いますが、どうも簡単に返しているように見えます。

高さで劣る日本は、こういう細かいところも工夫しないといけないですよね。

オランダ

日本3-0オランダ

日本が良かった、というよりもオランダが良くなかった感じです。

ミスが多かったですね。

そのミスにしっかり付け込んで、かつミスにあまり付き合わずに試合を運べたのは、とても良かったですね。

ただ細かいミスは多かったです。

サーブレシーブをノータッチで落としたり、二段トスが打ちにくいトスになったり。

もう少し精度を上げていって欲しい。

そうしないと、より上位の国には勝てない。。。

勝てたのは良かったですね!

★ネーションズリーグ2019チケット★
icon

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする