ネーションズリーグ2019 女子 韓国戦の感想

ネーションズリーグ2019、14戦目。

スポンサーリンク

韓国戦の感想です。

ため息しか出ない感じがすごいですね。

うん。

日本0-3韓国

第1セット、序盤からミスの嵐。

前日のポーランド戦から引き続き、覇気も感じられない。

ベンチワークは後手後手。

完全に自滅。

韓国は何もしてないです。

ただ、普通にバレーをしていただけ。

どうした、日本?

集団で体調不良とか?

そんなことくらいしか思いつかないんですけど。。。

2セット目も雰囲気変わらず。

自滅、連続失点。

サーブでも崩せない。

どうしようもない。

負けたら決勝に出られないという気合いが。。。どこに見える?

スポンサーリンク

結局ズルズルと負けてしまいました。

これまでサービスエースなし。

ブロックは1本。

ミスで先行されて、思い切ったサーブを打てずに好きに攻撃される。

そんなパターン。

3セット目も同じスタート。

1-6まで走られて5点差。

これは普通に考えて勝てない。

そして2-8って。

サービスエース4本とブロックで18-19の1点差まで追いついたものの。。。

時すでに遅し。

完敗です。

この試合、何か得るところはあったのか。

そんな疑問すら浮かぶ試合でした。

これで、ネーションズリーグ2019は予選敗退が決定。

残念です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする