2019-20 Vリーグ(レギュラーラウンド・ファイナルラウンド)の順位決定方法が決まりました

2019-20 Vリーグの順位決定方法が決まりました。

スポンサーリンク

毎年のように方式が変更となっていますが。。。

いい方法を模索しているということで、やむを得ない感じでしょうか。

ただ、今回の方式はけっこういいんじゃないかと思います!

男女で参加チームが違うため、少し順位決定方法が違います。

分けて説明しますね。

細かいことはナシで、大まかに分かりやすく行きますよ!

男子

参加チームは10チーム

パナソニックパンサーズ
JTサンダーズ
東レアローズ
サントリーサンバーズ
豊田合成トレフェルサ
堺ブレイザーズ
ジェイテクトスティングス
FC東京
大分三好ヴァイセアドラー
VC長野トライデンツ

それぞれ3回ずつ戦うリーグ戦を行います。

1チームあたり試合数は27試合ということになりますね。

勝数が多いチームが上位となります。

9位と10位のチームはVチャレンジマッチで入れ替え戦に進みます。

1位~5位のチームがファイナルラウンドに進出。

まず4位と5位のチームで戦い、勝ったほうが3位のチームと戦い、勝ったほうが2位のチームと戦い、勝ったほうが1位のチームと戦います。

最終的に勝ち抜いたチームが優勝。

もしレギュラーラウンドで4位・5位になると、大逆転するのに4連勝する必要があります。

仕組みがとてもシンプルで分かりやすい!

女子

参加チームは12チーム。

プレミアカンファレンス

久光製薬スプリングス
デンソーエアリービーズ
NECレッドロケッツ
日立リヴァーレ
岡山シーガルズ
ヴィクトリーナ姫路

スポンサーリンク

スターカンファレンス

東レアローズ
JTマーヴェラス
トヨタ車体クインシーズ
埼玉上尾メディックス
KUROBEアクアフェアリーズ
PFUブルーキャッツ

2つのカンファレンスに分けて2回ずつ戦うリーグ戦を行います。

1回ずつ戦う交流戦もあるので、合計26試合ということになります。

勝数が多いチームが上位となります。

それぞれのカンファレンスの5位・6位の合計4チームがリーグ戦を戦い、その中の下位2チームが入れ替え戦のVチャレンジマッチに進みます。

それぞれのカンファレンスの上位4チーム(合計8チーム)を2つのグループに分けて、1回ずつ戦うリーグ戦を戦います。

Aグループ

プレミアカンファレンス1位・3位
スターカンファレンス2位・4位

Bグループ

プレミアカンファレンス2位・4位
スターカンファレンス1位・3位

カンファレンスでの順位に応じた持ち点と、グループ戦でのポイントを合算して成績を出します。

それぞれのグループの上位2チームで決勝トーナメント(セミファイナル→ファイナル)が行われます。

Aグループ1位 対 Bグループ2位
Bグループ1位 対 Aグループ2位

最終的に勝ち残ったチームが優勝。

男子よりも参加チームが多いだけに、試合数も多くハードな戦いとなります。

層の厚さがポイントになりそう。

まとめ

ということで、2019-20のVリーグ順位決定方法をご紹介しました。

けっこうシンプルにまとまっていて、今までよりいいんじゃないかと感じています。

楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする